読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 48話 「約束」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 48話 「約束」 感想

f:id:usapen3:20170320205335j:plain

f:id:usapen3:20170320205343j:plain

f:id:usapen3:20170320205354j:plain

f:id:usapen3:20170320205401j:plain

f:id:usapen3:20170320205408j:plain

マッキー勧誘計画、そしてオルガの死、そんなこんなんで終盤への幕引きへと向けてお話を進めていく書いでした。
マッキー勧誘計画は、強い力こそが正義だと思っているからなんでしょうかね。
三日月さえいれば戦えるという考え方そのものが暴力的ともいえるのかな。
火星のころの余裕をもったライバル関係から、随分とせせこましキャラなになったもんだ。
とは言っても真意をまだみせてない感じもするので、そこは早く開示して欲しい所。
わざわざギャラルホルンを火星まで誘いこんだくらいじゃないと困るしね。
潜伏先をしり、通信回線が生きている場所があることおオルガ達のやりとりから聞いてる場面もあったりで、オルガ殺しの罪も背負っている可能性が高い。本当にそうかは解らないけど、それによっては物語の流れが大きくかわりそうだ。
オルガの死は、まぁいつものヤクザノリで許してねと言わんばかりの発泡でした。
個人的にはあんま好みな殺し方じゃないけど、作っている側は好きな殺し方って感じですね。
すべてが成功するかと思われたときに悲しいできごと、まぁせつないんじゃない。
ここら辺はもうよう解らんね。
ただ今まで築き上げてきた、まかないさんやタカキ、アジーさんの協力を借りれる場面は、鉄華団をしたっている人達の行動が救いにつながっており、最後らしい盛り上がりをみせたと思う。
それぞれの居場所で頑張ると決めた人達がいるからこそ、俺達の場所がつながっていく。
鉄華団が目指してきた場所っていうのは、人がつむぎだしたもの。
そういった解釈でいけば、団長の死もその場所につながっているといえるのかなぁ。
まぁ、もう少しやりようがあったのかもしれないけどね。
オルガっていちよう主役級なんだから、それにそうおうし活躍させないと。
なんかやったけ? ってなちゃうよ。前回からそんな感じだし。まぁとりあえずいなくなってもそんなに損失じゃないって思えるあたりは、もうどうしようもないのかな。
すまん、自分の心には嘘つけねぇんだ。オルガ良い奴だった。ただしそれだけだ!
とまぁここでオルガ離脱なんで、いよいよ三日月が考えて動かなければならないとき。
悪魔となりて、オルガを倒した相手と対峙し、ギャラルホルンにくらいつくのか。
次回、三日月の活躍も増えてロボットの活躍も増えて欲しいですね。。いやぁ人間模様はもうお腹いっぱいだよ、メカだしてくれよガンダムなんだから。頼むで本当に。