SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 76話 「妖精アイドル 双葉アリア♪」 感想

アイカツスターズ! 76話 「妖精アイドル 双葉アリア♪」 感想

f:id:usapen3:20171005212752j:plain

f:id:usapen3:20171005212910j:plain

f:id:usapen3:20171005213034j:plain

f:id:usapen3:20171005213100j:plain

f:id:usapen3:20171005213124j:plain

f:id:usapen3:20171005213154j:plain

f:id:usapen3:20171005213212j:plain

f:id:usapen3:20171005213227j:plain

f:id:usapen3:20171005213241j:plain

咲き誇れアイドルの花。
以前少し顔出しをしていた双葉アリアがついに始動。
不思議系オーラ満載、ピュアなハートの持ち主で花と自然を愛するアイドルということで、これまでとはまた違う方向性のアイドルでした。
姫先輩のミューズ代行という、かなりおおがかりな仕掛けをつくって興味をひかせていくあたりがまず手堅い。
姫先輩の太鼓判というのがやはり聞いていて、導入の感触がいい。
そんなアリアちゃんの初対面の感触は不思議な娘だなぁという印象なんですけど、それが段々と変わっていたのは、ピュアな一面をみせてからでしょうか。
周りのことを考えてはいないんですけど、それは我を通すためのものじゃなくて、自然とそうなってしまうこと。
ゆめちゃんのファンの娘に話しかけたり、撮影中にカメラの前にでてしまったりと、興味のままに動いていることは全部自然なことなんですよね。
自然に触れ合うアリアちゃん自身が本能のままに動いていて、側でみている分に危なかっしいのですが、どうにも憎めないやさしさがいいっすね。
自然に波長を合わせられてしまうのも、自然の中で育ってきたゆえなのかな。
妖精になってゆめちゃんと歌う場面で、ハーモニーとなった時、この娘はアイドルとして大切なものを自然と持ち合わせていると感じた。
強調や調和っていうのは、相手を意識してこそなんですが、アリアちゃんの場合は天性の勘とも呼べるもので合わせてしまう。
ゆめ先輩がみつけた足りないもの、それはハーモニーなのかもと予想。だから「アリアちゃんとゆめちゃんしだい」と言ったのかもしれないですね。
まぁ少し早とちりだとは思いますが、こう予想できるほどにはポテンシャルが高いです。
また別の軸ではピュアなアリアを、かつてのゆめと同一視をローラ達はしていました。ピュアでひたむきな一面、ゆめちゃんはまだまだ持っているのだけど、アリアちゃんやかつての自分ほどではない。危ない橋をわたって、すぐさま駆け抜けたあの頃。世界一に挑戦するという立場になっていく中で今後必要になってくることがらなんだろね。
アリアちゃんは、ゆめや姫をつなぐ導火線になっている。
花がはじければ、ゆめや姫も花を咲かせる。OPの関係性みていてもそうなっていきそうで楽しみです。
また今後の観点ではというと、エルザ様の対立軸になっていることも見逃せない。
自然なままであろうとしているアリアと、進化と革命を目指すエルザ。
自然と進化という伝統の対立構成、エルザ様がどう絡んでいくかも見どころ。
いろいろ予想がつきないキャラは、本当すげぇな。
ライブは花と自然でやさしさを感じるもの。
キャラのイメージとぴったり、個人的に花のモチーフは好きなので好感触でした。
二期目の導入キャラとしての役割を十分に発揮し、物語を横に広がらせることができていた。
今ここで新キャラ投入するんだと不安にもなっていました、その不安はもうすでにどこ吹く風。今後アリアちゃんがどんな活躍をみせ、ゆめちゃんがそれにどう答えていくか。楽しみになった回でした。

 

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20171005213340g:plain

うさぁああああああああああああああああああ

OP2のゆめちゃんのうさなびき。

向かい風のあたり方が心地良いすね。

 

f:id:usapen3:20171005213658j:plain

ゆめちゃんのうさ笑顔。

これが自然、これがうさぎ。やはり素晴らしきものだ。

 

f:id:usapen3:20171005213718j:plain

f:id:usapen3:20171005213743j:plain

f:id:usapen3:20171005213836j:plain

うさああああああああああああ

ゆめちゃん、妖精うさぎになる。

うさぎ=妖精、これぞ自然な流れですね。

 

f:id:usapen3:20171005214131j:plain

f:id:usapen3:20171005214221j:plain

f:id:usapen3:20171005214356j:plain

f:id:usapen3:20171005214420j:plain

f:id:usapen3:20171005214434j:plain

f:id:usapen3:20171005214445j:plain

うさあああああああああああああああああ

うさEDがうさぎ力高すぎた。ありがてぇ、ありがてぇ。

うさ花冠をぴょんぴょんする所とか最高にうさ可愛いすぎた。