SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 82話 「恋するアイカツ♪」 感想

アイカツスターズ! 82話 「恋するアイカツ♪」 感想

f:id:usapen3:20171117003355j:plain

f:id:usapen3:20171117003323j:plain

f:id:usapen3:20171117003339j:plain

f:id:usapen3:20171117003424j:plain

f:id:usapen3:20171117003556j:plain

f:id:usapen3:20171117003700j:plain

f:id:usapen3:20171117003754j:plain

f:id:usapen3:20171117003831j:plain

f:id:usapen3:20171117003844j:plain

f:id:usapen3:20171117003855j:plain

f:id:usapen3:20171117003631j:plain

アイカツが楽しいかという質問に上手く答えることができないゆめちゃん。
全部楽しいと曖昧にこたえさせることで物語のスタート地点をはっきりさせる良い導入でした。
そこから姫ちゃんの番組の中で、ゆめとアリアが比較される。
自分の興味が向くままに楽しそうにしているアリアちゃんに対しゆめちゃんはスタッフのことをきずかいながらも進行させようとする。
ゆめちゃんの行動は別にマイナスではないです。番組の進行や花瓶を落としたときのフォローなんか感謝されるほどありがたがっているわけですから。
しかしそれだけではだめだということをアリアは伝えてくれる。
興味のおもむくままに楽しそうにすることで見ている側もリラックスしてみることができた。
楽しさというものがなにを与えるのか、姫ちゃんは解っているからこそアリアを自由にさせているし、その流れの中で自分がどう動くか考えている。別に遮ろうとはしていないですよね。
ゆめちゃんは番組の進行にあわせてということはできているのですが、ありのままの自分までは出せていない。そこがポイントだったのかなぁと思いますね。
姫先輩に違う視点をもつように言われ、アリアとアイカツをすることに。
そこでアリアのアイカツに恋する気持ちを知ることになります。
誰かれかまわずアイカツをして、アイカツが楽しいことを伝えていく。
アイカツに恋しているからこそ、大好きなことを知ってもらいたい。
ファンと共に楽しみたい、好きになりたいというのがアリアらしさなんですよね。
これまでアリアが花を送ったりするのも自分が好きなものを知ってもらいたいからだったりと、かなり考えられているのが伝わってきた。
ただ好きなだけではファンになってしまうので、アイドルとして伝えたい。
アリアの原動力は純粋なんですけど、ゆめちゃんとしっかり差別かされている所が物語に奥行きを与えているように感じます。
アリアの恋する気持ちに対してゆめちゃんはアイカツが楽しくて大好きな気持ちを呼び起こされる。
「じゃあわたしたちってライバルかもね」
「え」
「だってわたしもアイカツ大好きだから」

ライバルがまた一人、ローラ志望確認!
とかなんとか思ってしまいながらも、アイカツが大好きな気持ちは負けてない、そうぶつかっていく所がゆめちゃんらしなぁと思いました。
ゆめちゃんの好きっていうのは、周りをきにせずぶつかっていくこと。
あの力以降のゆめちゃん、そしてエルザに挑んだ時も、アイカツが大好きな気持ちで様々んことに挑戦したいと思ってきた。
OPにもつながる原点回帰の流れを丁寧におい、再びエルザに挑もうという気持ちを自然と描けているのがいいですね。
「忙しくっても頑張れるゆめちゃんってパワーがあふれていて輝いています。そんなゆめちゃんをみると元気をもらえます。とってもとっても」
わたしと一緒にアイカツしてくれてありがとう、そう言って花を送ってくれた理由がこの言葉にあふれてますね。
アリアちゃんがゆめちゃんのことをなんとも思っていなかったわけではなく、すごく感謝していったていうのがぐっとくる。アリアだけでなくゆめのことにまでふれて、どちらのキャラのいい面をより引き出せていた。
アリアの印象もこのシーンでだいぶかわり、本当に言いたいことなんかは実は言えていないだなぁと。ありのままだけどなにも考えていないわけじゃない、かなり魅力が深まった。
ゆめちゃんとアリアのライブは、相性バツグン。森のひかりのピルエットの曲調もはまっていて素晴らしかった。
ライブ後はアリアに花を送って、大好きなきもちを思い出させてくれたことに感謝。
感謝しあえるライバル、ローラとはまた違う二人の今後に期待できる素晴らしい回でした。
アリゆめええわ。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20171117003617j:plain

うさぁああああああああああああああああああああああ

恋にどきどき、色恋うさぎ!

アリアちゃんの恋しているという発言にどきどき。

年相応にこころをぴょんぴょんさせているのがうさかわいい。

f:id:usapen3:20171117003644j:plain

うさぁあああああああああああああああああ

ゆめちゃんがうさみみをうさ毛づくろい。

うさ最高すぎた。うさ最高すぎた。

 

2017年秋アニメ ぺんかわいい&うさかわいい画像&GIFまとめ 《10月版》

2017年秋アニメ うさかわいい画像&GIFまとめ 《10月版》

f:id:usapen3:20171005213658j:plain

 

ペンかわ作画

ブレンド・S 2話 「仁義なきスイーツ」

f:id:usapen3:20171112131859j:plain

ゲーセンでのペンぐるみ。 

 

ラブライブ!サンシャイン!!(第2期) 4話 「ダイヤさんと呼ばないで」 

f:id:usapen3:20171112140852j:plain

ペンギンさん

 

うさかわ作画

 

ブレンド・S 1話 「はじめてのドS」

f:id:usapen3:20171112113433j:plain

うさコースター

 

ボールルームへようこそ 15話 「じゃじゃ馬ならし」 

f:id:usapen3:20171112134754j:plain

うさ化粧セット

 

Just Because! 2話 「Question」

f:id:usapen3:20171112134919j:plain

うさライン

 

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 3話 「にちじょう」

f:id:usapen3:20171112134949j:plain

うさ浮き輪

 

キラキラ☆プリキュアアラモード 36話 「いちかとあきら!いちご坂大運動会!」

f:id:usapen3:20171112132813j:plain

うさかけっこ。

f:id:usapen3:20171112132851j:plain

りんごうさぎさん

 

 

 

鬼灯の冷徹(第弐期) 1話 「神代あの世革命/恨みつらみあってこそ」

f:id:usapen3:20171112113640j:plain

f:id:usapen3:20171112114412j:plain

f:id:usapen3:20171112114428j:plain

 

鬼灯の冷徹(第弐期) 2話 「体験一日獄卒/ワーカホリックと匠の境」

f:id:usapen3:20171112120952j:plain

f:id:usapen3:20171112121006j:plain

f:id:usapen3:20171112121049j:plain

f:id:usapen3:20171112121115j:plain

f:id:usapen3:20171112121127j:plain

f:id:usapen3:20171112121209j:plain

f:id:usapen3:20171112121222j:plain

f:id:usapen3:20171112121541j:plain

 

鬼灯の冷徹(第弐期) 4話 「芥子ちゃん伝説/蕪式百鬼夜行

f:id:usapen3:20171112121610j:plain

f:id:usapen3:20171112121628j:plain

f:id:usapen3:20171112121717j:plain

f:id:usapen3:20171112121806j:plain

f:id:usapen3:20171112121824j:plain

f:id:usapen3:20171112121846j:plain

f:id:usapen3:20171112121905j:plain

f:id:usapen3:20171112121926j:plain

f:id:usapen3:20171112121949j:plain

f:id:usapen3:20171112122013j:plain

f:id:usapen3:20171112122036j:plain

f:id:usapen3:20171112122058j:plain

f:id:usapen3:20171112122149j:plain

芥子うさぎ。うさ怖さと愛らしいうさかわいさを放つ、うさ逸材。

うさかわ素材の豊富さもさすがで、今後の活躍も期待です。 

 

ラブライブ!サンシャイン!!(第2期) 1話 「ネクストステップ」

f:id:usapen3:20171112114449j:plain

f:id:usapen3:20171112115317j:plain

うさああああああああああああ

ルビィちゃんのぶりっこうさぎ、さすがのロリうさぎ力でした。

 

f:id:usapen3:20171112115405j:plain

うさああああああああああ

うさ就寝。ふとももにたれたうさみみがうさ素晴らしかった。

 

ラブライブ!サンシャイン!!(第2期) 2話 「雨の音」

f:id:usapen3:20171112132129j:plain

うさあああああああああああああああああ

ルビィちゃんのうさ笑顔。

 

f:id:usapen3:20171112132255j:plain

うさ感激。うさ喜ぶ姿がうさかわいいいい。

 

f:id:usapen3:20171112132314j:plain

うさはむはむ、ちょっとずつ食べるのがうさぎらしいすね。

 

f:id:usapen3:20171112132340j:plain

うさバレー、ごつんこしちゃうのうさかわいい。

 

ラブライブ!サンシャイン!!(第2期) 3話 「虹」

f:id:usapen3:20171112134720j:plain

f:id:usapen3:20171112135452j:plain

うさ和風。華やかさと落ちつきを両方感じれますね。

 

f:id:usapen3:20171112135330g:plain

f:id:usapen3:20171112135515j:plain

うさあああああああああああああああああああああ

うさ走りからのうさジャンプ。 

うさぎらしさ全快! うさへそチラがアクセントになっているのがうさ魅力的でした。

 

ラブライブ!サンシャイン!!(第2期) 4話 「ダイヤさんと呼ばないで」

f:id:usapen3:20171112140201j:plain

f:id:usapen3:20171112140300j:plain

ロリうさぎ。年齢考えると幼すぎるきがしますが、うさ個性がでていますね。

 

f:id:usapen3:20171112131118g:plain

f:id:usapen3:20171112140410j:plain

うさぁあああああああああああああああああ

ルビィちゃんの逃げ逃げうさぎ、うさ怯える姿がうさかわぁああああああ。

 

 

干物妹!うまるちゃんR 1話 「干物妹の帰還」

 

f:id:usapen3:20171112120121j:plain

OPでうさフード

f:id:usapen3:20171112124526j:plain

うさぁあああああああああああああああ

雑草をとる海老名ちゃん、うさ野生らしさがにじみでていました。

 

f:id:usapen3:20171112130658j:plain

f:id:usapen3:20171112130751j:plain

f:id:usapen3:20171112130804j:plain

うさああああああああああああああああ

スチームうさぎきたぁああああああああ。

これぞうさ海老名ちゃんのうさ可愛らしさですね。

 

f:id:usapen3:20171112130845g:plain

f:id:usapen3:20171112131328j:plain

うさぁああああああああああああああ

うさ走りでなびくうさみみ、サッカーの試合中ということぴょんぴょんぐあいがうさ素晴らしかった。

 

干物妹!うまるちゃんR 2話 「うまるとアレックス」

f:id:usapen3:20171112133914j:plain

f:id:usapen3:20171112133325j:plain

うさ妄想でスチームうさぎ。

 

f:id:usapen3:20171112133955j:plain

お腹が鳴ってもじもじうさぎ。うさアングルがいいすなぁあ。

 

干物妹!うまるちゃんR 4話 「みんなとパーティー」

f:id:usapen3:20171112140125j:plain

f:id:usapen3:20171112140600j:plain

f:id:usapen3:20171112140617j:plain

f:id:usapen3:20171112130933g:plain

うさああああああああああああああああああああああああ。

恋するスチームうさぎになっている海老名ちゃんがうさ可愛すぎた。

 

アイカツスターズ! 76話 「妖精アイドル 双葉アリア♪」

f:id:usapen3:20171005213340g:plain

うさぁああああああああああああああああああ

OP2のゆめちゃんのうさなびき。

向かい風のあたり方が心地良いすね。

 

f:id:usapen3:20171005213658j:plain

ゆめちゃんのうさ笑顔。

これが自然、これがうさぎ。やはり素晴らしきものだ。

 

f:id:usapen3:20171005213718j:plain

f:id:usapen3:20171005213743j:plain

f:id:usapen3:20171005213836j:plain

うさああああああああああああ

ゆめちゃん、妖精うさぎになる。

うさぎ=妖精、これぞ自然な流れですね。

 

f:id:usapen3:20171005214131j:plain

f:id:usapen3:20171005214221j:plain

f:id:usapen3:20171005214356j:plain

f:id:usapen3:20171005214420j:plain

f:id:usapen3:20171005214434j:plain

f:id:usapen3:20171005214445j:plain

うさあああああああああああああああああ

うさEDがうさぎ力高すぎた。ありがてぇ、ありがてぇ。

うさ花冠をぴょんぴょんする所とか最高にうさ可愛いすぎた。

 

アイカツスターズ! 78話 「ようこそ パーフェクトマザー!

f:id:usapen3:20171019212932j:plain

ひさしぶりのゆめちゃんの眼鏡うさぎ。

髪型変わってからは初かな。よりうさ大人ぽっくなりますね。

 

f:id:usapen3:20171019212638g:plain

f:id:usapen3:20171019212026j:plain

うさぁあああああああああああああああああああああ

ゆめちゃんが星空うさぎに。

うさ走りからのうさなびき。広大な星空の輝きの中で存在感をよりひきたち、うさふくつしかった。

 

アイカツスターズ! 79話 「ハロウィン サプライズ☆」

f:id:usapen3:20171026210907j:plain

アリスうさぎ。

不思議な国のアリス、名前のことを考えても好相性。

うさカーチュシャ似合ってますなぁ。

 

f:id:usapen3:20171026210807j:plain

f:id:usapen3:20171026210823j:plain

うさぁあああああああああああ

はずかしうさぎ。

妄想うさぎで照れている姿がうさかわいすぎた。

アイカツスターズ! 81話 「ステキなSを探して」 感想

アイカツスターズ! 81話 「ステキなSを探して」 感想

f:id:usapen3:20171109210332j:plain

f:id:usapen3:20171109210755j:plain

f:id:usapen3:20171109210819j:plain

f:id:usapen3:20171109210842j:plain

f:id:usapen3:20171109210916j:plain

f:id:usapen3:20171109210933j:plain

f:id:usapen3:20171109210952j:plain

f:id:usapen3:20171109211208j:plain

f:id:usapen3:20171109211353j:plain

f:id:usapen3:20171109211524j:plain

Sを探してみんなでわいわい。
普段ボケないリリィがぼけたり、
「ローラがもらえるってこと」
「そんなカードがなくてもゆめとわたしはずっと一緒だけど」
「親友だもんね」
「そして永遠のライバル」
とひさしぶりのゆめロラが最高だったり。
スコンブ食べるあこちゃんがかわいかったり、
「パセリの花言葉はお祭りきぶん」
「ゆず、それはクッキーではなくけしごむです」
アリアとリリィの謎理解でふわふわだったり、
こちょこちょ嫌いな真昼ちゃんがかわいいかったり
本筋関係なしでボケたりゆりったり楽しめる回になっていました。
とまぁこんな感じな回なんで特になにかストーリーラインを追うことはしないんで語ることも少ないのですが、妄想度は非常に高い回なのでその点は語れる部分が多い。
ローラがもらえるってことってゆめちゃんお発言とか妄想の塊でしょ。
本当にローラをお持ち帰りしたらとか考えるだけで……おおおおごちそうだまです。
最後のこちょこちょされる部分も、もし本当にされていたらどうだったらと妄想するだけで……おおおおお、ごちそうさまです!
とまぁ非常にありがたい回でもあります。
嫌がる真昼ちゃんにこちょこちょしてみたいすね。
次回はアリアちゃんと姫ちゃんとゆめちゃんが中心。一緒にユニット組んで踊ってくれると嬉しいけれで、どうなるかね。妖精コンビの活躍が楽しみ。

 

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20171109211627j:plain

うさあああああああああああああ

ゆめロラうさぎの百合うさぎ。

ローラをもらうで妄想力が高まりますね。

 

アイカツスターズ! 80話 「騎咲レイの誓い!」 感想

アイカツスターズ! 80話 「騎咲レイの誓い!」 感想

f:id:usapen3:20171102210533j:plain

f:id:usapen3:20171102210552j:plain

f:id:usapen3:20171102210605j:plain

f:id:usapen3:20171102210620j:plain

f:id:usapen3:20171102210631j:plain

f:id:usapen3:20171102210644j:plain

f:id:usapen3:20171102210654j:plain

すべてはエルザのために
レイちゃんがついついに動き出し、物語の歯車を押し出してくれました。
いやぁあああああああああああああああああ、ここまで長かった。
エルザの最後の翼となり、その夢のために魂をかける。
シチュエーションとしては美味しいんですが、やっぱ長かったっていうのは思うのはしかたないことないかな。
とはいっても、最後の最後でエルザのためにその剣をかかげるというのはまじかっこよかった。
ここまで先延ばしにされたんだけど、このレイの意志にぶれがなにもないというのが、長い停滞期間があってもいいとは思えたね。
さてそんなレイの華麗な復活劇。外野の目線というのも的確につかわれていた。
常にファン目線の四つ星の生徒達、そしてファン自身わたし達を大事にして欲しいと思っている。ファンこそがすべてということをだすことで、レイがエルザのためにだけ立ち上がったという対比をつくりだしている。
本来のアイドルとはということをいえばファンのためにあるべきなのだけど、レイちゃんはそれでは火がつかない天才肌。別段ファンを大事にしたくないわけじゃない所は抑えておきゃなきゃいけない所なのかな。
なんでもそつなつこなせ、ファンだってそつなく大事にできてしまう。
しかしそれでは情熱に火がつかない。
そしてその情熱に火をつけたのはエルザであり、その情熱のためにエルザのためにあろうとする。ファンの否定ではなく、あくまで情熱の肯定にしたのが良かった。
だからこそファンも情熱的なレイに酔いしれる。アイドルが笑顔をふりまくのではなく、アイドルの華麗な姿にひきよせられる。それがレイちゃんのステージであり、レイの意志が生みだしたものなのでしょうね。
四つ星が大事にしてきたことの真逆をいくのですが、それは相対する敵としてならいいライバル関係になれそうでこれから楽しみ。
レイと相対することになるであろう真昼は、打倒お姉ちゃんのためアイカツしていたので、レイの意見をしっかり聞けるのも好印象。
打倒エルザへと変わるのか、そこにも注目していきたい。
レイちゃんが動いたおかげで、だいぶ真昼も動いてくれそう。
ゆめちゃんも世界一を目指すエルザの対比になろうとしているので、レイが動いたことで絡みやすくはなったかな、ただあともうワンアクション欲しいのでゆめちゃんの今後については保留ですね、
長かったレイの再起。それが呼び起こす嵐がこれから何をもたらすのか。
激動の荒波を予感させる回で熱くなれました。

 

アイカツスターズ! 79話 「ハロウィン サプライズ☆」 感想

アイカツスターズ! 79話 「ハロウィン サプライズ☆」 感想

f:id:usapen3:20171026210444j:plain

f:id:usapen3:20171026210501j:plain

f:id:usapen3:20171026210518j:plain

f:id:usapen3:20171026210539j:plain

f:id:usapen3:20171026210556j:plain

ヴィーナスアークを巻きこんでの楽しいハロウィン。
なんてことにはならずにどっちが驚かせるかの勝負に。
というの話の流れはわりましたが、もっぱらメインはゆめちゃんと小春ちゃんのステージでした。
溜めとかなしにあの誓いが現実のものとなって驚き、もう少し話をひねると思ったけど案外とあっさりとやってきました。一番になった時だと思っていたのでちょっと考察しずらい。特になにかやったわけでもないので。
でも二人一緒にが踊っているがのは嬉しかった。
別れと再会をはたしたゆめこは、いろいろとあったもんな。
その前座であるハロウィンはというと、エルザ無双。
VRマジックで焼き尽くす姿はさすがのパーフェクト・
焼きたいになるローラがなんともWWW
レイと真昼の対決だったたい、あやされるあこにゃんだったり、いつものやりとりも楽しい。
ユーリーとゆり先輩の出会いをどっきりに使う案も面白かった。
望君はアリアちゃんに猛烈アタックで、望にも光が。まぁその要素が回収され続けるのかは疑問だけどね。
そしてゆめちゃんはとうと、たこ……ではなくクラーケン。
対抗心だしているのが可愛かった。
あ、でも一番かわいいのはかぼちゃ顔でライブをしている姿を想像して恥ずかしがっている所だった。
アリスちゃんもひさびさに活躍して嬉しい。うさぎだったしな!
ハロウィンは対決という構図はありつつ、かなり楽しめる内容でした。
こういう息抜きもいいよね。
というわけで今回はハロウィンで楽しく、ゆめと小春のライブに感激できる回でした。
次回はついにレイちゃん始動。ようやくか。
どんな活躍をするか楽しみ。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20171026210907j:plain

アリスうさぎ。

不思議な国のアリス、名前のことを考えても好相性。

うさカーチュシャ似合ってますなぁ。

 

f:id:usapen3:20171026210807j:plain

f:id:usapen3:20171026210823j:plain

うさぁあああああああああああ

はずかしうさぎ。

妄想うさぎで照れている姿ガうさかわいすぎた。

 

 

 

アイカツスターズ! 78話 「ようこそ パーフェクトマザー!」

アイカツスターズ! 78話 「ようこそ パーフェクトマザー!」 感想

f:id:usapen3:20171019211621j:plain

f:id:usapen3:20171019211901j:plain

f:id:usapen3:20171019211924j:plain

f:id:usapen3:20171019211937j:plain

f:id:usapen3:20171019211951j:plain

f:id:usapen3:20171019212014j:plain

f:id:usapen3:20171019212038j:plain

f:id:usapen3:20171019212347j:plain

f:id:usapen3:20171019212401j:plain

f:id:usapen3:20171019212026j:plain

f:id:usapen3:20171019212304j:plain

明かされるエルザの過去、そしてはじめてのデレエルザ。
待望のエルザ祭りでキャラの印象ががらっとかわり、さらに魅力的なキャラになりました。
母さんにみてもらえようなアイドルになりたい。一番最初にブランドをつくり、太陽のドレスをみにまとった母フォルテ、それがエルザ様の原動力。
なぜ頂点に辿りつきたいのかが要約解明したことにより、エルザの行動理念が知れて感情移入がしやすくなりました。今までは高い位置にずっといたのがここにきて、エルザも一人の夢るみる少女だったっていうのは応援したくなりますよ。
レイがエルザの気持ちに応えたいという意志をもつようにもなり、他者にも波及しているのが大きい。ローラや真昼もトップで活躍している母親をもっているので、レイだけにとどまらないというのも、この設定が物語を横に大きく広げてくれたのを物語っています。
フォルテが星を暗くし、小さな星をみえるようにしたシーン。
まぶしい世界にいたらときどきみえなくなってしまう。
はじめに目指した理想や夢、星の輝きが。
闇を知っているからこそ、本当の光を知ることができる。
まぶしい世界に立ち続けているエルザに対するメッセージ、自分で体験したこと母親として伝えているのが母の思いやりを感じた。また物語の根幹の部分ともいえる内容でもあり、今度の四ツ星の方向性もみせてくれた台詞でしたね。
後忘れてならないのは、フォルテ母さんにみせた笑顔。
エルザかわぇええええええ。デレないキャラがデレると嬉しくなるよね。
今回はエルザ様のお話にウェイトがしめられ、四ツ星勢はおやすみもらう形でしたけど、遅れをとりそうになっていたローラに対してアクションがあったのはかなり嬉しいことです。
正直かなり今後出番危ないなぁと思ってましたけど、エルザの一言で物語に中心に戻れてしまうのはさすがの求心力。ローラの負けず嫌いな性格と高みを目指したいという気持ち。
エルザ、そしてゆめちゃんおライバルとして再起が期待できそうです。
そうなってくると、アリアと交代してローラがヴィーナスアークいっても面白そう。というか、なんとなく以前からフラグはたて続けているので、ありな展開だと個人的には思ってます。まぁそれは今後の舵取りしだいっすね。
ゆめちゃんは今回動きはなかっけど、小春ちゃんとの夢をかなえるためにという目標ははっきりしているので、そこまでエルザ様との絡みがなくてもいけそう。
ライバル関係というよりも、協調や調和といったアリアちゃんと似た形で成長していくと、他のキャラと差別化できるし、みんなで目指す頂点になりうる。
小さな星もひっくるめて輝く一番星に。母様の言葉もあって、その方向性がより具体的になりました。
前回は今度の予想がつかない形でしたが、今回はエルザ様の過去とフォルテの話により、話の方向性がようやく妄想しやすくなり、さらに楽しくなってきた。
次回はその流れのまま一旦小休止でハロウィン。いろいろな表情がみれそうで楽しみ。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20171019212932j:plain

ひさしぶりのゆめちゃんの眼鏡うさぎ。

髪型変わってからは初かな。よりうさ大人ぽっくなりますね。

 

f:id:usapen3:20171019212638g:plain

f:id:usapen3:20171019212026j:plain

うさぁあああああああああああああああああああああ

ゆめちゃんが星空うさぎに。

うさ走りからのうさなびき。広大な星空の輝きの中で存在感をよりひきたち、うさふくつしかった。

 

アイカツスターズ! 77話 「花言葉にのせて♪」 感想

アイカツスターズ! 77話 「花言葉にのせて♪」 感想

f:id:usapen3:20171012211333j:plain

f:id:usapen3:20171012211349j:plain

f:id:usapen3:20171012211402j:plain

f:id:usapen3:20171012211413j:plain

f:id:usapen3:20171012211443j:plain

f:id:usapen3:20171012211514j:plain

f:id:usapen3:20171012211532j:plain

f:id:usapen3:20171012211543j:plain

世界の憧れが未知なる扉を開けていく、ヴィーナスアークとアリアちゃんの接触により生まれたものはかなり予想外なものでした。
ヴィーナスアークのアイカツがどんなのものか、世界のドレスの豊かさにわくわくする。
前回ゆめちゃんのアイカツに興味を示し、妖精となって調和していたけれど、アリアちゃんの好奇心だけをむきだしにスポンジのように世界のことを吸収していく。
人や場所によってアイカツであれば好奇心に差異はなく、自然を愛するだけでなく高みを目指そうとしている。前回とはかなりイメージが、がらっと変わりました。
姫先輩の元からもひょいと離れてしまうし、今ある場所にとらわれないのも自然のなりゆきにまかせるアリアちゃんらしいと言えばらしいのかな。
自然を大切にしていくこと以外は基本うつろげ、ヴィーナスアークにここまで影響を受けるとは思っていなかった。
だけどそのかいあってか、エルザと共に行く道というのも納得の展開だったかな
アリアちゃんがエルザ様と関わる機会がこれから増えていきそうで、これはかなりの朗報。
対等にわたりあえるキャラがいて欲しいと思っていただけに、エルザ様がどれくらいかきまわされるか楽しみ。
予想をしていた最初から対立構造ではなく、協力態勢にしてつながりをつくった後に、それぞれの個性をだして対立させていく方向性になっていきそうだ。
しかしこれにどうゆめちゃんが関わっていくのかが想像できない。
姫先輩のパイプをもう使えない状態なんで、アリアちゃんと協力してエルザ様に触れ合っていくっことができないのよね。
この点だけまじでどうするんだろう。主人公も関われる形を想像できるような展開で早めにきてくれると予想しやすくなるんだけどなぁ。
予想できない楽しみが増えたけど、それが面白い方向にいってほしいですね。
またヴィーナスアークの面々きららとレイちゃんとの関わりも描写され、きららはふわもこ担当、レイちゃんはプリンス様でいく模様。動物と自然、王子様とお姫様、絵面がぱっとでてきやすいアリアちゃんの関わらせからで、エルザ様の軸以外にも動きやすいのは大きな強み。
今後のやりとりがすごく楽しみです。
前回だしきれなかったアリアちゃんの情報がさらに増えて、今後の方針も決まった。
新天地でなにを学ぶのか。そしてそれに対してゆめちゃん達はどう立ち向かっていくのか。
次がきになる展開ばかりの回で、来週が待ち遠しいですね。